カスタマイズしよう!

・前編の記事はこちら

今回はBTOショップ「ドスパラ」のカスタマイズ後編になります。
パーツ取り付けで気になったことをまとめました。

 

 

SSD

SSDの取り付けは必須ではないです。
こちらにSSDのメリットとデメリットを書きましたので、
よければ参考にしてみてください。

 

 

 HDD・SSD容量

HDD、SSDの容量になります。
好きなものを選んでみてください!

 

 

ハードディスクの静音化

ハードディスクの音を静かにできます。
今使っているHDDの音が気になるなら静音化しましょう。

ちなみにSSDは無音構造になっています。

 

 

 パーティション分割

パーティションの分割は自分で設定することもできるので必須ではないです。
自信がなかったり、設定が面倒な場合はここでしておくといいです。
パーティションのメリットはこちらを参考にしてみてください。

 

ハードディスクの追加と静音化について

ハードディスクは本来一台ですが、もう一台追加することもできます。
こちらも必須ではありませんが、二台に分けることで起動性や快適性があがります。

静音化はHDD音が気になるなら追加しましょう!

 

 

 マザーボード


マザーボードはパーツをとりつける基盤のことです。
マザーボードによっては取り付け可能パーツも変わってきますが、
今回は変更できないので次に進みましょう!

 

 

光学ドライブ

光学ドライブはCDを入れるトレイのことです。
なし」にもできますが、理由がない限り取り付けしておいた方がいいです。

ブルーレイドライブにもできますのでお好みで!

 

※さらに光学ドライブ追加を追加することもできます。

 

 

 サウンド

音を鳴らす部分ですが、標準のオンボードサウンドが取り付けてあるので
購入したけど音が鳴らないわけではありません。

あとからでも外付けサウンドカードを取り付けることは可能なので、
BTOで取り付けしなくても大丈夫です。

 

 

外部スピーカー

PCで音を聴くといったらスピーカー、イアフォン、モニターの内臓スピーカーだと思います。
スピーカーで音を鳴らしたい人はここで選択してもいいです。
ただドスパラでは選べるものが少ないので、家電量販店か通販を利用して好きなものを購入することをおすすめします。

 

 

ブロードバンドポート

LANケーブル(インターネットの有線ケーブル)を差し込むポートのことです。
基本的に変更しなくてOKです。

LANカードはLANアダプターのことで、端子をPCにとりつけ、
パソコン同士のファイルのやり取りをするためのものです。

あとからでも取り付けできるUSBタイプのものも販売されているので、
特に理由がないかぎり標準のもので大丈夫です!

 

 

カードリーダー

カードリーダーとはメモリーカードのことで、
デジタルカメラの写真データなどを読み取ることができます。

今回は標準でSDカードリーダーが付属されています。

 

 

無線LAN

無線LANは有線ケーブルを必要としないインターネット接続方法です。
ルーターなどが遠くてPC本体にケーブルが届かないときに必須です。
補足として、無線よりも有線ケーブルの方が回線速度も安定するので、
できる限り有線を使った方が快適にインターネットを楽しむことができます。

 

 

 IEEE1394

IEEE1394(アイトリプルイー・いちさんきゅうよん)
パソコン、家電製品機器などを接続できるものです。

デジタルカメラ、ビデオなども接続可能なものですが、
USB接続(2.0)での転送で十分とされているので、
使わないならそのままでも問題ありません。

 

 

シリアル(COM)ポート

シリアル端子のことです。
ここでは説明を省きますが、現在USB機器の普及により、
パソコンの標準ポートとして使われなくなってきています。

特別な理由がない限り「なし」でいいと思います。

 

 

ケース

標準では、ガレリア専用ケースになっていますが、
他のケースにすることもできます。

こちらは好みと予算の都合で変更してみましょう。

 

 

ファン

ファンとはパソコンパーツを冷やすために風をおくるものです。
特にCPUなど熱に弱いパーツにとって、廃熱することはとても重要です。

標準で、フロントやリアなどにつけられています。
私は廃熱が心配だったので、さらにトップにファンを追加しました。

ですが、ファンが多くなるとホコリがたまりやすく感じました。(隙間が増えるので)
かといって廃熱処理を怠ると暑い時期なんかは熱もたまりやすくなるので、
ファンは多く設置しておいた方がいいでしょう。

 

標準装備で問題があるわけではないです。

 

 

電源

一般的には500Wで十分だといえますが、
使っているグラフィックカード、パーツ、機器などによっては変更した方がいいです。
電源はゲームプレイするときに重要な部分ですし、
不安なら電源はランクの高いものにしておいた方が快適に使うことができます。

 

 

周辺機器について

 

キーボード


キーボードは標準でチェックが入ってると思います。
使っているものがあるなら「なし」にすることもできます。

個人的にですが、無しにしても値下げはあまりされないですし、
予備のキーボードとして使えるので選択しておくことをおすすめします。

 

左手用キーボードについて

左手用キーボードとは、ゲーミングキーボードといわれるショートカット入力がしやすくなるものです。
使わない予定なら「なし」のままでいいと思います。
こちらに詳しく書きましたので興味がある方は参考にしてみてください。

 

 

マウス

マウスはサービス品のため、「なし」にしても価格を安くすることはできません。
そのためもらっておいた方がお得なので、標準のままにしておきましょう。

「オススメ周辺機器」から別に選択することもできます。

 

 

マウスパッドについて

マウスパッドは必須ではないです。
マウスによっては、パッドなしの方が快適に動かせるものもあります。
使っている机の環境(表面の質)によってはあると便利です。

ドスパラで選択するよりも、別に購入した方が選択肢も多いのでおすすめです!

 

 

ゲームコントローラー

ゲームパッドと呼ばれているPC専用のコントローラーのことです。
コントローラーが必要なゲームをプレイする場合には選択するのもいいかもしれません。

あとで別に購入することもできるのでドスパラで選ばなくても大丈夫です。

 

 

ヘッドセットについて

ヘッドセットは音声ツール(Skype)で話すための
ヘッドフォンとマイクが一体化されたものです。

ゲームをプレイしながら音声チャットを楽しむことができます。
他にも上記であげたSkypeで会話のやり取りもできます。
使わないなら「なし」にしておきましょう。

 

 

ドスパラ利用時の補足

BTOショップドスパラを使うにあたって少し気になる部分を書きました。

 

パソコン下取りサービスについて

不要になったパソコンを下取りできるサービスです。
サービスを利用すると約1000円の値引きがされます。

パソコンを捨てるときには「リサイクル法」でお金が掛かってしまうので、
処分に困っているならぜひ利用してみてください。

標準では利用しないにチェックが入っていますので、
サービスを利用するなら、チェックを忘れないようにしましょう。

 

 通信回線について

インターネット回線を同時に申し込むこともできます。
キャッシュバックキャンペーンも同時にしていることもありますので、
少しでもお得だと思うのなら申し込んでみるのもありです。

もちろん既に使っている回線に不満がないのならチェックする必要はないです。

 

 支払い方法について

方法は銀行振り込み、代金引換、クレジット、コンビニ支払いなどがあります。
最近ではネットバンクも利用できます。

詳しくはドスパラ公式サイトにて確認してみてください。

 

参考:ドスパラ